優れた登坂・障害物回避性能

クローラ式設計が採用され、良好な登坂・障害物回避性能を持ち、負荷時に登坂能力最大25°、左右傾斜最大15°。履帯幅830mm、狭い所でも簡単に通過できます。

Higher Payload Superior Flexibility
  • 0mm
    床までの距離
  • 0°
    左右傾斜

広範な応用シーン

露天や施設内の果樹の病虫害・草害の防除及び家畜の防疫消毒などに広く応用されています。お茶、葡萄、キウイフルーツ、みかん、梨、桃、リンゴなどの果樹園に最適です。

強力な駆動力

二重駆動力設計で、安定した駆動力の出力を確保しています。走行システムは6kwエンジン、送風系は8.8kwエンジンを採用して、送風能力が強いです。

抜群な散布効果

ノズル流量が調整可能で、左、右、上部の3つのノズルの開閉が個々に単独制御することができます。

Strong Support for Plants’ Growth Strong Support for Plants’ Growth

(传统 VS FJD)伝統スプレーヤー

VS

Strong Support for Plants’ Growth Strong Support for Plants’ Growth

FJD無人スピードスプレーヤ

500L Durable Spray Tank

500L大容量

Strong-power and Independent Spray System Broad Coverage

500L大容量農薬タンクを備え、散布持続時間より長い、注入頻度より少ない、作業効率より高い

自走式、リモート制御

信号干渉がなしの条件の下で、リモート制御距離が最大800~1000メートルに達し、農薬による作業者への健康リスクから保護します。

Real-time Remote Control and Image Transmission
Safe Operation

リアルタイムに映像転送

リアルタイムに作業状況を確認することができます。

Safe Operation

メリット

先進的なインターネット技術を活用し、知能化設計を採用し、リモート制御と画像伝送の組み合わせによって、遠隔散布作業を実現し、様々な露天や施設内の果樹作業シーンに完璧に適用されています。超長いリモート制御距離、前後部カメラ2台による走行と作業状況のリアルタイムな画像伝送、作業者の作業強度軽減だけでなく、農薬による作業者への害毒を避けています。

業界痛点

現在、国内のスプレーヤーは主に人工操作の背負い式機械、手動や原動機付き植物保護機械を主とし、それ故、下記のような問題点が存在しています。

  • 作業強度が大きく、作業効率が低いです。
  • 機械がかさばって重く、エネルギー消費が大きいです。
  • 植物への不意な損傷がひどいです。
  • オペレータの中毒リスク。
  • 農薬タンク容量が小さく、頻繁に農薬注入作業を行い、作業効率に影響します。

無人スピードスプレーヤー

代理店になる
Thanks for subscribing us